毛抜きを使って失敗しちゃったことをイロイロと

毛抜きはだいたい脱毛に使ってますね。
あとは、眉を整えるのにも使います。
どっちにしろ、抜くときは痛いです。痛いのをこらえて抜いてから、失敗してショックを受けたこともいっぱいありますよ。出血したり、傷ついたり、毛穴が腫れたり…イロイロ失敗は経験してます。
そのぶん、対処も覚えました。(覚えたくて覚えたわけじゃないけど、失敗すれば覚えるもんですよ…)
足の毛を毛抜きで処理し始めた頃に多かった失敗は、色素沈着で毛穴が黒ずんだことと…抜くのに失敗して傷になったこと。埋もれ毛になって、それを取り出そうして皮膚を傷つけて…傷だらけの足でした。傷を隠すために長いスカートでごまかしてたものです。
でも、これは抜いてるうちにあまり起きなくなりました。特に黒ずみは残らなくなりましたね。なぜかわかりませんけど。
今一番失敗して困るのは、毛穴が腫れることです。毛抜きで抜いたら一分でぷっくり腫れあがる毛穴…。
虫刺されみたいにかゆいのです。すぐに腫れると「今日はあまり抜かないでおこう」と思うけど、ときどき腫れるまで時間がかかかることがあって…そんなときは抜きすぎて大失敗になります。
毛穴が大量に腫れあがる。
かゆいし、足を出せないし、タイツもストッキングもはけないし…苦労します。
腫れた毛穴にうっかり化粧水をつけるともっと腫れます。この失敗してからは、毛穴が腫れたときは冷やす以外は放置することに決めました…。

無駄毛はいらない

私は、すね毛の無駄毛の処理について、
自分で専用の機械を使って抜くことにしています。

 

よく親に、”無駄な毛なんて無いんだから、処理するのやめたら?”とすね毛の処理を止められます。

 

いやいや、母よ。この無駄毛、無駄だよ。
確かに汗が流れ落ちるのをとめてくれたりしてるのかもしれないけど、
それ以上の害をなしている毛なのだよ。

 

害の主な要因はその見た目。彼女のすねに自分異常のごついすね毛が生えていたら、
彼氏もびびるでしょう?私の女性らしさを著しく害してくれているのだよ!この毛は!

 

母”じゃぁ、せめて剃ることにしたら?抜くのは肌に悪いから。”

 

いやいや、母よ。無駄毛の害その2は、感触なのだよ。感触。

 

私も以前はすね毛を剃っていました。その日は良いんですよ。
剃ったその夜は、つるつるして気持ちいいすね毛に出会えるのです。

 

しかし、問題は翌日の夜・・・。

 

剃ったところから伸びてくる毛がちくちく痛いのだよ。
どうしても、このちくちくを彼に触らせたくないのだよ。(だって髭みたいなんだモノ・・・)

 

というわけで、私のすねの無駄毛処理は”抜く”です。

 

本当は、エステとかにいって脱毛してあげたいのですが、
金銭的にきついので、髭剃りみたいな機械で自分で抜いています。

 

抜いた直後は抜いたところの毛穴が赤くなってちょっと気持ち悪いです。
が、1日たてばその赤みも引くし、抜いたあとにきちんと保水してあげれば、そんなに目立ちません。

 

何日かするとまた生えてきますが、子供みたいな毛が伸びてくるので、ちくちくとかも全くしません。
というわけで、かみそり負けしながら、すね毛剃るよりは、抜くのがお勧めです。

現代の麻呂はこうして誕生する

肌を露出する季節が過ぎたからといって、油断出来ないのがムダ毛です。キチンと処理をするのは「女子のタシナミ」と思われがちですが、最近では男性も気にするようです。

 

脱毛サロンやエステに通って、プロの腕に委ねられれば問題ありません。しかし、本気で処理しようとすると、それなりに費用もかさみます。そこで多くの女性・男性たちは、自己処理という失敗したらエラい目にあう禁断の扉を開けてしまうのです。

 

手始めにカミソリで、ジョリってやってみます。手っ取り早い処理の仕方ですが、下手をすれば薄くデリケートな角質層まで剥がれ落ちます。肌の弱い人にとっては、かなりリスキー。ワックスや除毛クリーム、テープなどは仕上がりが美しく、一気にツルスベの肌が手に入ります。次に生えてくる毛も、なんとなく少なくなっているような…錯覚に陥ります。しかし、カミソリ同様肌への負担が大きく、かぶれる人もいます。

 

そんな時、お手軽で試しやすいのが、ナント言っても毛抜きを使用した処理。一度やり始めると楽しくなって、ドンドン抜いてしまう!という中毒性があるのです。

 

特に危険なのがまゆ毛です。チクチクと細かい毛が生えてくるのが嫌で、剃るのではなく抜く派だった私。当時は今よりも細めのまゆ毛が主流でした。抜き始めると、あと1本、もう1本と抜きたくなるのです。左右のバランスを見て、更に1本。

 

そうなるとイケマセン。あっという間に「麻呂」です。しまったっ!と思った時には手遅れなのです。まあ、書き足せば問題ない。最初はそう思います。しかし、事態はもっと深刻なのです。抜きグセのついたまゆ毛は毛根が死んでしまい、生えて来ないのです、二度と。実際、その事実に気付くのはしばらく経ってから。

 

まゆ毛のお手入れをしている男性諸氏。気をつけましょうね、麻呂眉毛。アイブロウペンシルが手放せなくなりますよ。

 


このページの先頭へ戻る